ぴーまん工房 作業日報

「ぴーまん工房」pmmcのぐだぐだ日記です

買っちゃいましたEOS M5レビュー!!


と言う訳で待ちに待ったCANON EOS M5が発売されました!!

IMG_6728.jpg


各種機能レビューは偉大なる先人たちの先行レビューを見てもらえば解るので、ここでは金を出した者の強み、歯に衣着せぬレビューしちゃうぞ!!

何せ使い始めて1日目
機能も良くわからんし、使いこなしには程遠い、間違った使い方の可能性大なのはご理解くださいまし♪

まず持って見ての第一印象
ちっちゃい♡かわいい♡カッコいい♡

我ながら頭悪い感想だなー、と思うけど、見せた人は皆一様に同じこと言うので間違いないかと♫

あと圧倒的に軽い!
とにかくこのコンデジサイズにAPS-Cセンサー詰め込んだ事は賞賛に値します♫(ま、この辺はEOS Mシリーズ全般的に、ですね)

プラスチックだけど見た目の高級感も良いです♫

まず最初にしたのは、タッチアンドドラッグの設定。
ワシは相対位置の右半分にしました。

ダイヤルファンクションの設定も、ファインダー覗いてる時に使わない機能は外します。
並び順も変えて、

AF、ISO、ドライブ、測光

に変更。ISOは基本オートだし、結構このサブダイアルは誤動作しちゃうので、ISOが知らないうちに25600になってて、ファインダーの中が真っ白!頭も真っ白!!なんてなったので二番目に変えました。

このダイヤルファンクションとサブダイアルは、両方人差し指操作が良さげ♫
サブダイアルを親指で回すには握りを変えなきゃ届かない。

親指AFは設定してみたけど、やっぱりボタンの位置が悪い。
EOS Kiss X7よりは設定できるボタンが上の位置に来てて期待してたんだけど、このボタンでAFすると握りが甘くなりすぎてカメラが安定しない。
親指が引っかかる山の内側にボタンを配置して欲しかった。

さてまず試したのが暗所のAF
これは厳し目。
というかレンズ暗すぎぃ〜
今まで使ったEOSと比べると
6D >>> 60D ≧ X7 >>> M5
って感じ。
ただこれキットレンズの暗さのせいってのが大きかったみたいで、帰宅後EFレンズのF2.8シリーズに変えたら
6D >>> 60D ≧ X7 ≧ M5
くらいな感じになった。

ただし、暗所でのAFはイマイチだけど、マニュアルフォーカス!これはスンバラシィ〜♡
AFきかねっ!っと思ったらすかさず親指でコントローラホイール左(MFボタン)ポチ!測距点選択ボタンポチであとはメインダイヤル回せばファインダーでも背面液晶でもフォーカスポイントの拡大縮小が思いのまま!
EOS使ってて始めてMFレンズ買ってもいいなと思えた!
M5 >>> 6D ≧ 60D ≧ X7

いよいよ期待の動体AF性能!
AFモードは三種類
[一点AF]
まず測距点49点は嘘です。(嘘では無いでしょうけど)
デュアルピクセルCMOS AFの名の通り2400万画素全てが測距点。実際には幾つかのピクセルを合わせてAFポイントになり、ある程度の大きさが必要なようですが、タッチアンドドラッグを使えば49点なんかじゃなく画面内(縁は除く)全ての好きな場所でAFが可能です。サーボにすればその指定した場所でのAF追従します。AFポイントが動いて追従はしません

[顔認識+追尾優先AF]
人が写っていれば人の顔に、タッチアンドドラッグで動いている物に合わせてやればAFポイントがそれに合わせて動いて追いかけます。サーボにすれば当然AF追従しながら追いかけます。が、人の顔の認識は早いけど動体に最初に合わせるのが若干時間がかかり食いついてくれない時がある。四車線道路にわんさか車が走ってる中の1台に合わせるとかかなりムリゲーな感じです。飛行機とかサーキットなら十分やれそうな気はする。

[スムーズゾーンAF]
AFポイント9点分の広いスペースをタッチアンドドラッグで好きな位置に配置。その中でサーボにすればAF追従。AFゾーンは追従して動くことはありません。

至極シンプル、そしてタッチアンドドラッグあってのAFシステムという感じです。ただ設定で最近のEOSで当たり前のAFに関する設定(食いつきとか速度優先とか移り変わりとか)が無いのはちょっと残念。

そしても一つ気になるのが連写!
1枚撮影、高速連続撮影、低速連続撮影、の3モード。低速連写でもKiss並の速度なので通常はこちらで十分かと。バッファの容量はまぁ少なめ。カードの書き込み速度も遅め。ただこれは今まで使ってたEOSとほぼ同等。6Dが一番回復は早いけどこんなもんでしょう。ただ問題なのがバッファの解放速度より、カードへの書き込み中撮影は出来るのにダイヤルファンクションの設定ができなくなること。
これは非常に困る。
ダーーーッ!っと連写してすかさず設定をどうにかしたいって時にアホにたいに10秒ほどボーッとしてなきゃいけない。撮影続けちゃうとまた書き込み続いちゃって設定不能時間が延長。
コレはちょっと由々しき問題じゃないですかね?

で、とりあえずのファーストインプレッション。
得点は65点!!

低っ!!?と思うだろうけど6Dの時なんか最初の印象は55点くらいだったから!

まずはサイズ感は非常に高得点。90点あげてもいいくらい。

操作感はいろいろケチつけたい。良い線いってるんだけど煮詰めが甘い!!
まず左側のモードダイヤルが回しにくい!もっと厚みつけてくれてよかった。ロックボタンがあるんだからあんなに操作感が重い必要無いしね。
露出ダイヤルは重さもそうだけど、なんか+-0の時にクリック感つけて欲しかったかな。もうちょいダイヤル自体も飛び出しても良い。
親指AFボタンは親指引っ掛かりの内側につけて欲しかったな〜。
あとQ SETボタン、押すとキシキシ軋むんですが、、、
操作系のアイデア自体は素晴らしいんだけど、なーんか慌てて作った感が強いというか、ちゃんとテストした?って聞きたくなります。48点

AFは基本良いです。多分これならレンズを選べば使えます。でも60Dの時にf2.8より暗いレンズなんていらないっ!って言ってたのを思い出しました。暗所AF性能上げてくれれば暗いレンズでも良いよねっ!って言えるんですが。60点

ファインダーがねぇ、コントラスト強すぎ。発色よすぎ。背面液晶と違いすぎ。
紅葉なんか撮ってるとファインダーだと色飽和しちゃってるように見えて、背面液晶だとあっさりしすぎて見えて、帰ってパソで見てみると普通にちゃんと撮れてる。
まぁ、銀塩みたいに現像しなけりゃわからない楽しみ♡って言えば聞こえは良いけど、、、調整できるようにしてください。
ちなみに明るさの調整は個別にできるのでファインダーだけ明るさ最大にしてみたけど改善されたかっていうと全然です。(液晶の明るさ設定画面でファインダー覗くとファインダーの明るさ設定になります)
50点

で、DIGIC7!!オマエもうちょっとがんばれやっ!!!
とにかく動作重い、カクつく、固まる!!明るいところでは背面液晶もファインダーもスムーズなめらか♡
でもちょっと暗くなると急にカクカクした動きに。
タッチアンドドラッグも、ファインダー覗いてサッ!っと動かそうとするとビクともしない時がたまにある。一応右半分に指定しているので鼻が当たって誤動作って感じじゃ無いと思うんだけど。
すぐ復帰するんだけど、一眼ってココって時にすぐに反応してくれなきゃダメだと思うんだよね、ワシ的に。風景とか動かない物撮る人なら全然問題無いと思うけど、予測不能な動き物撮る人には致命的かと。
そして前述のカード書き込み中のダイヤルファンクション効かない問題。これはさすがにキヤノンさんのサポートにメールしましたよ。ダメでしょこれ。
ファームアップでこの辺の使用感が向上することを強く望みますっ!!!30点!!


まぁそんな訳でボロクソ言ってるようなファーストインプレッションでしたが、ワシは気に入りました♪(エーーーーー!?)
だって可愛いは正義でしょう!!
少々使いにくいのはキヤノンさん何とかしてください!!
ワシも慣れるようにガンバル!
道具なんてものはそんなモンです。完璧な道具なんてつまらないに決まってます。

でももし購入考えてる初心者の人がいたらワシは進めません。
このカメラ、はっきり言って難しいです。
設定の意味がわからない時にinfoボタンで解説が出るとか、そういう基本的なユーザーフレンドリーさがありません。kiss X7や6Dでもあるのに。
そのくせ説明書には知りたいことが載ってない。そんなとこからもこのカメラ、慌てて作った感が否めません。
現状初心者にお勧めするならやっぱりEOS kiss X7ですね。
X7の後継機でたら買い換えちゃうかもw

あ、あと最後になっちゃったけど、明るい単焦点、やっぱ欲しいですね。
もしくはf2.8ズーム。
SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM つけてみたけどやっぱり明るいは正義!ギコギコ言ってもやっぱりいい!!
EF-Mレンズは暗いレンズ多すぎです。
M5用にもう一本欲しくなっちゃうよ。



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pmmc.blog109.fc2.com/tb.php/171-c2f6bcd4
該当の記事は見つかりませんでした。