FC2ブログ

ぴーまん工房 作業日報

「ぴーまん工房」pmmcのぐだぐだ日記です

結局のとこデジタル一眼レフってドウョ??

ハイっ!!サイコーです♪

ヤ、そんな解りきった答えはともかく、一年前の一眼レフ購入以前のワシに聞かせてあげたい疑問の答え♪

結局一眼レフってデカいし重いし高いし難しそうだし、コンデジでも、いやiPhoneでもいいんじゃないの??

という当然の疑問

やっとなんとなく解りましたよ、こっちに渡ってみて♪

なので一眼レフ初心者のワシが、どんなカメラ買おうか悩んでいる皆様になんとなく解った違いを書いてみます。
初心者ゆえに間違いまくっている所もあるのはご愛嬌♪


まず一眼レフの何が良いか!

AF(オートフォーカス)、つまりピントを合わせるのが早い!!(レンズによる)
なので動いている物の撮影、子供やラジコン等の撮影でピントが合いやすい。
そして画質が奇麗!(レンズによる)ピントがあった時の細部の再現度や質感、色の発色、透明感等、別世界(レンズによる)
そしてイメージセンサーという、光を受けるセンサーが大きいので、暗いところでの撮影に向いている(レンズによる)のと、被写体の前後にある物をぼかしやすい(レンズによる)
各種設定、レンズの選択、フィルターの使用、撮影テクニック等々を駆使する事で得られる表現力がゆたか。

デジタル一眼レフって、ワシのイメージだとコンデジがデカくなってレンズが交換できるカメラ。って思っていたんだけど、実はフィルム時代からほとんど構造は変わってなくて、絞り(光が入る口を狭めたり広げたりするトコ)があるのはもちろん、レンズから入った光をファインダー(のぞくとこ)に導くためのミラーは中でパカパカ動いてるし、しまいにゃシャッターまで機械式でパシャパシャ動いてるんですよ!
フィルムの一眼レフと何が替わったかって言ったら、フィルムがイメージセンサーに変わった位?

コンデジやiPhone(スマホのカメラ)だとそんなもんなくって、全部デジタル的にスイッチオンオフしてるだけです。

それがあると何が良いのか小難しい話は抜きにして、それらがあることでデジタル一眼レフとそれ以外のカメラと決定的な差がつく部分が出てきます。それが上に書いた良いところ、かなぁ〜?


細かく書くとまずイメージセンサーの大きさ。
ワシの使っているCanon EOS 60DはAPS-Cという規格のイメージセンサーを使っていて、大きさは、22.3mm×14.9mm
これはフルサイズと呼ばれるデジタル一眼レフの上位モデルで使われているフィルムと同サイズの36mm×24mmと比べると大分小さい。

でもコンデジ等で一般的に使われているイメージセンサーは大きくても約8mm×6mm
iPhone4Sに至っては4.5mm×3.4mm

その狭ーい面積に数百万〜数千万個の画素(光を受けるつぶつぶ)を詰め込んでいるんだから、そりゃもう大変です。天文台の望遠鏡と豆粒みたいな家庭用望遠鏡を比べているようなもんなんですね(どんなたとえだ…)

このイメージセンサーが小さいと、暗いところでノイズ(ざらざら)が発生しやすいとか、暗いところを撮ると明るい部分が真っ白に(その逆も)とか、色の再現度や細部の再現性等色々不具合が出て来るみたいです。そりゃそうですよね。
なのでイメージセンサーが大きいほど暗いところでもノイズの少ないキレイな写真が撮れるようになります。

ってことは暗いところでも光を入れる時間が、比較的少なくても良い訳で、同じ条件ならイメージセンサーが小さい機種よりシャッタースピードを速くできる。という事は暗いとこでもぶれにくい。という事になります。
良く室内で子供撮る時に、コンデジだとフラッシュたかないとぶれちゃって写せない事良くありますが、一眼レフだと問題なく、というかむしろキレイに写せる場合が多いです。

そしてもう一つ困るのが、イメージセンサーが小さいと、被写体の前後の物がぼかしにくいという事。
この前後をぼかすというのはレンズの明るさ(F値)と焦点距離も大きく関わって来るんだけど、APS-CでF2.8のレンズって言うとかなり背景をぼかせるんだけど、コンデジやスマホでF2.8であっても、イメージセンサーが小さい為にほとんど前後をぼかせない。

なのでプロが撮っている写真で背景がトロトロに溶けるほどボケている写真があったら、それはイメージセンサーの大きなフルサイズの一眼レフで、F値の明るいF1.2とかのレンズを使って、被写体との距離をイイ感じにして(w)撮っている。

ワシもPanasonicのネオイチ(一眼レフみたいな形で、液晶ファインダーの付いたコンデジ)使っていた頃、F2.8だし望遠効くしなんとか背景ぼかせないかチャレンジしたけど、ビックリするくらいボケないんですよw
ホントに近くの被写体撮る時くらい、ボケ始めるのは。

最近ではコンデジでもAPS-Cやフルサイズのイメージセンサー使っている機種も出てきたけど、安い一眼レフより高かったりしてコンデジとは呼べない気も…
なんでそんなに高くなるかって言うと、やっぱり大きいイメージセンサーは沢山光を受けられる反面、沢山光を入れなきゃいけない訳で、そうするとレンズは大きく、精度は難しく、品質は高く、値段も高くという事になるようです。


ウエェー…、イメージセンサーだけでこんなに長くなってしまった…

次にAF(オートフォーカス)の性能
難しい話は抜きにして、さっき書いたミラーパカパカ構造のお陰で一眼レフカメラにはコンデジ等とはちがうAFが付いてます。(位相差AF)
対して、コンデジやスマホ、ミラーレス一眼(一部の機種をのぞく)に採用されているAFはコントラストAFという物で、AFの方式が違います。
一般的にコントラストAFはピントを合わせるのに時間がかかってしまいます。
最近の機種ではビックリするほど早くなりましたが、それでも一眼レフのAFと比べてしまうと差は歴然です。
これは動いている物の撮影の時にとても大きな差になります。
子供の運動会や動物、ワシならラジコン等、一眼レフではファインダーで狙って撮りたい時にシャッターボタンを押せば瞬時にピントを合わせて撮影してくれます。
そしてかなりの確率でピントがあっています。
この辺の性能は同じサイズのイメージセンサーを積んだ一眼レフでも、価格によって性能の差が激しいところの様で、上位機種ほどスゴいみたいです(使った事無いからわかりませんw)


で、そんな素敵なデジラル一眼レフ。
お高いんでしょう?と聞かれれば、そうでもないです。とりあえず。
Canonの入門機「EOS Kiss X50 ダブルズームレンズキット」で42,800円
2世代前の入門機「EOS Kiss X5 ダブルズームレンズキット」で54,720円
1世代前の入門機「EOS Kiss X6i ダブルズームレンズキット」なら73,720円
最新型の小型入門機「EOS Kiss X7 ダブルズームレンズキット」なら99,717円
ワシのもってる中級機(もうすぐ新型が出る)「EOS 60D ダブルズームレンズキット」で79,740円

(価格は13/6/2現在Amazon調べ)

ダブルズームレンズキットとはレンズが二本付いているセット。
この2本のズームレンズで広角から望遠までおおむねカバーできるお得キット。

ここに上げた機種はすべてAPS-Cサイズのイメージセンサー。同じレンズを使えばほぼ同じボケ方をするはず。
X50以外は画素数も共通。
X6i、X7になると既に中級機である60Dをしのぐ機能も多々…
まぁX7辺りはホントにお値段もしのいでますが…

でもまぁ新しいのはともかく、X5でもワシの60Dと比べても、シャッタースピードや連射速度に違いがある意外は、ほぼ同じ。
そして値段は5万円台。
これって一昔前の最新型のコンデジの値段と大差ない値段だと思うんですよね〜(流石に最近は5万もするコンデジ見なくなったけど…)


と、ここまで書くと一眼買え買えアフェBlogみたいだけど、ここからが本題

ここまではとりあえず一眼デビューするまでの値段。
多分X5以降の機種なら特別、別世界を見たい人以外は満足できると思います。カメラ本体は。

ちなみにCanonのダブルズームレンズキットのレンズは、安いのにナカナカ優秀です!
特にワシの買った「EOS 60D ダブルズームレンズキット」にも付いてた望遠ズームは♪

でも一眼って言えば背景のボケ
なにはともあれ背景ぼかして、雰囲気のある写真とって、上手くなった錯覚を味わいたい!!

でもあんま思ったほどボケないんですよ!ダブルズームレンズキットについてるレンズって!

それはF値のせい。
キットのレンズはだいたいF3.5からF5.6くらい。
このくらいの明るさだと、例えば小学生の息子を我が家の狭いリビングで胸から上を撮影した場合、背景がボケが足りずに何があるのか解ってしますのです。

室内のように光量の足りない場所での撮影だと、レンズが暗いため感度を上げなくてはいけなくなって、結局ノイズの多い写真に…

手振れ補正は優秀だけど、結局レンズの暗さが災いして、シャッタースピードが稼げずブレの原因に。

もちろんこの明るさのレンズが悪!って訳じゃなくて、上級者向けの高級レンズでもこのくらいの明るさはあるんだけど、少なくともワシの求めている物はこのダブルズームレンズキットについてるレンズではないと…

どうしても明るいレンズの効果が知りたかったワシは「EF40mm F2.8 STM」を購入。

結局写りに満足できなかった広角〜標準域の「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」をF2.8の社外レンズに買い替え。
これでF2.8に味を占め、望遠レンズもF2.8

超広角〜広角域のレンズだけは明るさよりも写りを理由に「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」

結局いろいろ手を尽くして安くそろえたけど、当初の予定を大幅に越える事に…


いや、

出費に関しては予定通り、むしろ安くすんだくらい?
むしろ予想外なのはここまで揃えるまでのスピード。
まさかこんな短期間でここまでやるとは思わなかった…

その為に、一対何台のラジコンが我が家を旅立っていった事か(T▽T)

でも後悔は全くしてません!(少しは反省シロ)
むしろ後悔してるのは、あと10年早くこの装備があれば…。って事。

子供の成長をこの装備で撮りたかったーー!!
こんな世界があったなんてっ!

まぁ、そんな訳で、ワシにとって一眼レフは、今までずーっと写真を撮り続けてきて思い続けてきた
「肉眼で見るとこんなにカワイイ(カッコイイ)のに、なんで写真で撮るとこんなモンなの!?」
という欲求を満たしてくれる、これ以外の何モノにも代え難い相棒なのです。

Canonの入門機「EOS Kiss X50 ダブルズームレンズキット」
2世代前の入門機「EOS Kiss X5 ダブルズームレンズキット」
1世代前の入門機「EOS Kiss X6i ダブルズームレンズキット」
最新型の小型入門機「EOS Kiss X7 ダブルズームレンズキット」
ワシのもってる中級機(もうすぐ新型が出る)「EOS 60D ダブルズームレンズキット」




関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.06.05 00:24 | | # [edit]
pmmc says..."Re: 出来ないかと思いますが…"
コメントありがとうございます♪
自分のつたない作品に、もう二年以上経つのにそういって頂けて、大変光栄です(^^
でも残念ながら現在お売りできる状態の物が手元にありません。
再生産も未定です。
申し訳ないです〜m(_ _;)m
2013.06.05 22:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pmmc.blog109.fc2.com/tb.php/124-d25be63e
該当の記事は見つかりませんでした。